内閣府経済社会総合研究所(ESRI)が主催する国際共同研究「コロナ危機とポストコロナの経済社会に関する研究」のワークショップに参加しました。

内閣府経済社会総合研究所(ESRI)が主催する国際共同研究「コロナ危機とポストコロナの経済社会に関する研究」の一環として、第1回のワークショップが9月29日にオンラインで開催され、本研究センターおよび医療政策・経済研究センター(HIAS Health)から小塩隆士(EBPM研究センター長)・井伊雅子・佐藤主光(EBPM研究センター研究員)・高久玲音・中村良太・本田文子の各氏が参加し、佐藤・高久・中村の3氏が研究報告を行いました。