研究者一覧

センター研究員 センターシニアアドバイザー

センター研究員

祝迫 得夫 IWAISAKO, Tokuo
所属・職名

経済研究所・教授

専門分野

ファイナンス、実証マクロ

研究者情報

経済研究所 教員紹介

主な著書・論文
  • Iwaisako, T., Ono,A., Saito, A., Tokuda, H. “Disentangling the effect of home ownershipon household stockholdings: Evidence from Japanese micro data,” Real Estate Economics, 2021, 1-28.
  • 祝迫得夫・李環(2019) 「エネルギーの金融化が新興国の国際資本移動に与える影響 (特集 国際資本移動と新興国経済)」『フィナンシャル・レビュー』, 2019(2), 23-34.
  • Iwaisako, T. and H. Nakata, “Impact of exchange rate shocks on Japanese exports: Quantitative assessment using a structural VAR model,” Journal of the Japanese and International Economies, 46, 1-16, 2017.
  • 祝迫得夫(2012) 『家計・企業の金融行動と日本経済: ミクロの構造変化とマクロへの波及』, 日本経済新聞出版社.
植杉 威一郎 UESUGI, Iichiro
所属・職名

経済研究所・教授

専門分野

企業金融、中小企業、日本経済

研究者情報

経済研究所 教員紹介

主な著書・論文
  • Hazama, M. and I. Uesugi, “Measuring the systemic risk in interfirm transaction networks”, Journal of Economic Behavior and Organization, 137, 259-281, 2017.
  • Hosono, K., D. Miyakawa, T. Uchino, M. Hazama, A. Ono, H. Uchida, and I. Uesugi, “Natural disasters, damage to banks, and firm investment”, International Economic Review, 57(4), 1335-1370, 2016.
  • Uesugi, I., K. Sakai, and G.M. Yamashiro, “The Effectiveness of public credit guarantees in the Japanese loan market”, Journal of the Japanese and International Economies, 24(4), 457-480, 2010.
  • Ono, A. and I. Uesugi, “Role of collateral and personal guarantees in relationship lending: Evidence from Japan’s SME loan market”, Journal of Money, Credit and Banking, 41(5), 935-960, 2009.
  • 渡辺努・植杉威一郎(2008) 『検証中小企業金融: 「根拠なき通説」の実証分析』, 日本経済新聞出版社(2009年商工総合研究所中小企業研究奨励賞本賞受賞).
岡室 博之 OKAMURO, Hiroyuki
所属・職名

大学院経済学研究科・教授

専門分野

産業組織論・企業経済学

研究者情報

経済学研究科 教員紹介

主な著書・論文
  • Nishimura, J. and H. Okamuro, “Internal and external discipline: The effect of project leadership and government monitoring on the performance of publicly funded R&D consortia”, Research Policy, 47(5), 840-853, 2018.
  • Okamuro, H. and J. Nishimura, “Whose business is your project? A comparative study of different subsidy policy schemes for collaborative R&D”, Technological Forecasting & Social Change, 127, 85-96, 2018.
  • Okamuro, H. and J. Nishimura, “Not just financial support? Another role of public subsidy in university-industry research collaborations”, Economics of Innovation and New Technology, 24(7), 633-659, 2015.
  • Nishimura, J. and H. Okamuro, “Subsidy and networking: The effects of direct and indirect support programs of the cluster policy”, Research Policy, 40(5), 714-727, 2011.
  • Nishimura, J. and H. Okamuro, “R&D productivity and the organization of cluster policy: an empirical evaluation of the Industrial Cluster Project in Japan”, The Journal of Technology Transfer, 36(2), 117-144, 2011.
小塩 隆士 OSHIO, Takashi
所属・職名

経済研究所・教授、EBPM研究センター長

専門分野

公共経済学

研究者情報

経済研究所 教員紹介

主な著書・論文
  • Oshio, T., “Association between area-level risk of job instability and workers’ health: a multi-level analysis using population-based survey data from Japan,” Journal of Epidemiology, in press.
  • Oshio, T., “Lingering impact of starting working life during a recession: health outcomes of survivors of the “employment ice age” (1993–2004) in Japan,” Journal of Epidemiology, 2020, 30(9), 412-419.
  • 『日本人の健康を社会科学で考える』(2021年、日本経済新聞出版)
佐藤 主光 SATO, Motohiro
所属・職名

大学院経済学研究科・教授

専門分野

財政学

研究者情報

経済学研究科 教員紹介

主な著書・論文
  • 小林庸平・佐藤主光・鈴木将覚(2020)「設備投資に対する固定資産税の実証分析」, 『財政研究』, 第16巻.
  • Sato, M.“Analysis of the Possible Impact of a Tokyo Mega Earthquake on Japanese Public Finance,”in Kamesaka A., Waldenberger F. (eds), Governance, Risk and Financial Impact of Mega Disasters: Lessons from Japan, Springer, 2019.
  • Miyazaki, T. and M. Sato, “Property Tax and Land Use: Evidence from the 1990s reforms in Japan,” RIETI Discussion Paper, 18-E-072, 2018.
  • Miyazaki, T. and M. Sato, “Empirical studies on strategic interaction among municipality governments over disaster waste after the 2011 Great East Japan earthquake”, Journal of the Japanese and International Economies, 44, 26-38, 2017.
  • 宮崎智視・佐藤主光(2014) 「資本への固定資産税の経済効果―固定資産税の「資本帰着説」の検証」『経済研究』, 65(4), 303-317.
  • 佐藤主光・小黒一正(2011) 「首都直下地震がマクロ経済に及ぼす影響についての分析」『経済分析』, 184, 120-140.
  • 宮崎智視・佐藤主光(2011) 「応益課税としての固定資産税の検証」『経済分析』, 184, 99-119.
塩路 悦朗 SHIOJI, Etsuro
所属・職名

大学院経済学研究科・教授

専門分野

マクロ経済学

研究者情報

経済学研究科 教員紹介

主な著書・論文
  • 塩路悦朗(2019) 『やさしいマクロ経済学』, 日本経済新聞出版社.
  • 古沢泰治・塩路悦朗(2018) 『ベーシック経済学: 次につながる基礎固め』, 新版, 有斐閣.
  • 塩路悦朗(2016) 「第2章 ゼロ金利下における日本の信用創造」, 照山博司他編『現代経済学の潮流2016』, 東洋経済新報社.
堀 雅博 HORI, Masahiro
所属・職名

経済学研究科/国際公共政策大学院アジア公共政策プログラム・教授

専門分野

日本・アジア経済論、計量実証分析

研究者情報

経済学研究科 教員紹介

主な著書・論文
  • Hori, M. and S. Shimizutani, “The incidence of the tuition-free high school program in Japan”, Education Economics, 26(1), 93-108, 2018.
  • 岩本光一郎・花垣貴司・堀雅博(2016) 「『短期日本経済マクロ計量モデル』の位置づけと役割」『経済分析』, 190, 85-92.
  • Hsieh, C., S. Shimizutani, and M. Hori, “Did Japan’s shopping coupon program increase spending?”, Journal of Public Economics, 94(7-8), 523-529, 2010.
渡部 敏明 WATANABE, Toshiaki
所属・職名

経済研究所・教授

専門分野

計量ファイナンス, マクロ計量経済学

研究者情報

経済研究所 教員紹介

主な著書・論文
  • Takahashi, M., T. Watanabe, and Y. Omori, “Volatility and quantile forecasts by realized stochastic volatility models with generalized hyperbolic distribution,” International Journal of Forecasting, 32(2), 437-457, 2016.
  • Nakajima, J., M. Kasuya, and T. Watanabe, “Bayesian analysis of time-varying parameter vector autoregressive model for the Japanese economy and monetary policy,” Journal of the Japanese and International Economies, 25(3), 225-245, 2011.
  • 渡部敏明(2000) 『ボラティリティ変動モデル』, 朝倉書店.

センターシニアアドバイザー

根本 洋一 NEMOTO, Yoichi
所属・職名

大学院経済学研究科 兼 国際・公共政策大学院・教授

専門分野

国際金融,東アジア経済,通貨危機防止の地域的枠組み

研究者情報

経済学研究科 教員紹介

主な著書・論文
  • Katada, Saori; Yoichi Nemoto, “Finance and Japan” in The Oxford Handbook of Japanese Politics, Oxford University Press, 2021 (ISBN 9780190050993).
  • Chabchitrchaidol, Akkharaphol; Satoshi Nakagawa; Yoichi Nemoto, “Quest for Financial Stability in East Asia – Establishment of an Independent Surveillance Unit (AMRO) and its Future Challenges”, Public Policy Review, Vol.15, No.5, 2018, 1001-24.
  • Nemoto, Yoichi, “The International Monetary System and the Role and Challenges of Regional Financial Safety Nets in Asia” in Mark Uzan (ed.) BRETTON WOODS: The Next 70 Years, Reinventing Bretton Woods Committee, 2015: 253-258.
  • Nemoto, Yoichi, “An Unexpected Outcome of the Asian Financial Crisis: Is ASEAN+3 a Promising Vehicle for East Asian Monetary Cooperation?” Princeton University Program on US-Japan Relations Monograph Series no. 7, 2003: 1-44.
森川 正之 MORIKAWA, Masayuki
所属・職名

経済研究所・教授

専門分野

経済政策、日本経済、応用ミクロ経済学

研究者情報

経済研究所 教員紹介

主な著書・論文
  • 森川正之(2018) 『生産性: 誤解と真実』, 日本経済新聞出版社.
  • 森川正之(2017) 「エビデンスに基づく政策形成に関するエビデンス」『RIETI Policy Discussion Paper』, 17-P-008, 1-25.
  • 森川正之(2016) 『サービス立国論: 成熟経済を活性化するフロンティア』, 日本経済新聞出版社.
  • 森川正之(2014) 『サービス産業の生産性分析: ミクロデータによる実証』, 日本評論社.